作文小論文専門学院の添削通信教育(中学生講座)
代表のあいさつ

「作文小論文110番」や「当学院の使命」のページでもお話していますが、作文小論文専門学院は名称の通り、作文・小論文を「専門」とする教育機関でございます。

 

専門であるがゆえ、皆様にとって「No.1」の存在でいたいと考えています。では、No.1であるならば、どのような教育を提供すべきでしょうか?最も注意すべき点は「面白いだけの教育にならないこと」です。これは作文小論文専門学院の信念でもあります。

 

一般的には、下記のような通信教育講座も少なくないと思います。

(1)日記や日常の感想を述べるような文章を書く。

(2)良いところに丸をつけてもらい、表現や言葉遣いなどを赤ペンで添削指導される。

 

このような学習を行えば、高校入試で合格レベルの作文・小論文が書けるでしょうか?

作文小論文専門学院の通信教育講座では、開講当初からスローガンにしてきた言葉があります。

それは・・・

 

「楽(ラク)」と「楽しい」は違う、という言葉です。

 

仕事に置きかえると分かりやすいと思います。

(a)楽だけれど、興味のない仕事

(b)忙しいけれど、楽しい仕事

あなたなら、どちらを選びますか?

 

作文・小論文でも同じことがいえると思うのです。楽(ラク)をせず、少しぐらいつらくても忙しくてもやり抜くことが大切なのです。作文や小論文も書けるようになれば「楽しく」なるのですからね。作文小論文専門学院は、楽(ラク)ではなく「楽しい」教育を皆様にお届けすることをお約束いたします。

添削講座のお申し込みはこちらから
教材のみのご購入はこちらから